2007年09月20日

どうなる郵便物

郵便局の民営化で郵便物はどうなるのか?

これについては、郵便局が出している「民営化でどうなるの?郵便」冊子によると、ゆうびん全般ではおおむね今まで通りで大きな変化はほとんどない。

郵便物はこれまで通りに全国に配達されるが、一部名称がお堅いお役所ネーミングからちょっと柔らかくてカタカナ混じりの愛称に変わる。

たとえば、郵便物のうち、一般小包はこれまでもおなじみの「ゆうパック」、ヤマトや佐川急便などの宅配業者が行っている「メール便」の競合である冊子小包は「ゆうメール」、定型小包は「エクスパック」で、簡易小包は「ポスパケット」という。

ずいぶんソフトになるが、それが民営化だからっていうのもちょっと安易な感じではある。まあ、確かに呼びやすいけど。

各種郵便物の名前は親しみやすくなったものの、料金は変わらず。料金もどんどん、ぐっと親しみ“安く”してくれればいいのにね〜。
posted by 郵便 at 00:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 郵便局の今後
この記事へのコメント
I gave up trusting everything…? government, organizations, companies, individuals.
Posted by ray ban on sale at 2013年08月12日 06:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5507536

この記事へのトラックバック