2007年09月20日

どうなる郵便貯金

郵便局の民営化で郵便貯金はどうなるのか?これについては、郵便局が出している「民営化でどうなるの?郵便貯金」冊子を見てみた。

それによると、民営化前に契約した定期性の郵便貯金は「郵貯・簡保管理機構」が継承し、契約満了まで管理。

通常郵便貯金等は「ゆうちょ銀行」が継承するそうで、通帳やキャッシュカードは引き続き利用OK。

しかし、「ゆうちょ銀行」ってひらがなのせいもあり、親しみやすいのかちょっとおまぬけなのか微妙なネーミングではあるなぁ。

定期性の郵便貯金各種は、民営化前に取扱い終了するものが多いので要注意。

手続きを要するもの、申し出がなければ自動的に指定日や満期日に通常貯金等に預入されるなど、それぞれ変更があるようなので、手持ちの貯金の種類に応じて、よく確認したほうがいいようだ。
posted by 郵便 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 郵便局の今後
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5507583

この記事へのトラックバック